ペットトリマーとして独立・開業したい夢の人が多い!

ペットトリマーとして独立・開業

ペットトリマーになりたいという人の中には、将来的に独立開業したいという人が沢山います。

 

いつか自分のお店を持ちたいと漠然と考えている人もいますが、準備や費用、資格や手順などはどのようになっているか?調べてみてみましたよ^^

最初にペットトリマー・動物看護師などの資格を取る

ペットトリマー・動物看護師などの資格を取る

独立開業を目標にしているならば、JKC公認トリマーC級ではなくB級以上が望ましいです。

 

トリミングサロンだけではなくペットホテルなども兼用で行うならば、動物看護師など他の資格も持っておくと良いでしょう。独立開業と言っても資格を取ったらすぐできるというわけではありません。

 

次のような手順が一般的なので参考にしてください

  1. 専門学校などで勉強しペットトリマーの資格を取る
  2. トリミングサロンなどに就職し5年から10年経験を積む
  3. 独立開業準備(半年から1年)
  4. 独立開業

このような手順でトリミングサロンなどを独立開業する人が多いです。

 

独立開業の費用は自宅or店舗でだいぶ違う

開業の費用はどれくらい?

お店を自宅で行うかどこか店舗を借りて行うか?1人でするか?などによって異なります。

自宅店舗で部屋が空いているような場合

機材などを揃えれば開店できますが、それでも100万円ほどは必要です。

店舗を借りてトリミングサロンをオープンの場合

300万円〜1千万円持っていると良いでしょう。規模やトリミングサロンの場所などによってかなり独立開業費用は違います。

 

トリマーで独立・開業する手順〜準備編〜

トリマーで独立・開業する手順 準備編

ペットトリマーとしてトリミングサロンをオープンさせたいなら、具体的にどのような手順で準備を行えば良いか?ポイントを抑えながらご紹介しますので参考にしてください。

@開業資金を貯める

ペットトリマーの資格を取ってすぐに独立開業する人はほとんどいません。

  • なぜならペットトリマーとしての経験が浅く、様々なパターンでトリミング依頼があった時に対応できない

やはり、お客さんもほとんど経験が無い人にお金を払ってトリミングをしてもらおうとは思わないので、経験を積むことが重要になります。

サロンで様々な犬種のトリミングを行いながら開業資金も貯めよう

独立開業する時に銀行からお金を借りればよいと思う人がいますが、信用や実績が無ければ銀行もお金を貸してくれません。

  • できれば300万円は貯めておくと、独立開業資金としては合格

 

A立地を大まかに決めておく

トリミングサロンの独立開業を検討しているならば、立地が一番のポイントになります。

できるだけ店舗の家賃が安く、近くにトリミングサロンが無い所が狙い目

良い店舗があったとしても、近くにトリミングサロンがあったらお客さんが定着していることも多いので、よくリサーチしてから店舗を借りる段取りをしましょう。

 

まず大まかな立地条件を作り、希望している地域のトリミングサロンがどのあたりにあるのか調べておくと良いです。

自宅が一軒家で空き部屋があるような場合は

簡単なリフォームで店舗にできる場合もあるので、そちらも検討してみましょう。物件によっては敷金礼金と家賃で100万円を超える場合もありますので、最初のうちは家賃を抑えて営業できるような所を見つけるようにしてください。

 

B経営学を勉強する

ペットトリマー資格さえ取れば、トリミングサロンを開業できると考えている人もいますが、独立開業がゴールではなく、トリミングサロンを経営していかなければなりません。

 

税務申告や支払、資金繰り、従業員がいるならば簡単な簿記関係ができた方が良いのです。トリミングはもちろんですが、このように店舗経営の勉強も必要

 

Cもちろん技術・接客をレベルUPしておく

技術・接客をレベルUP

トリミングサロンを独立開業するならば、やはり技術面や接客がちゃんとできないとお店的になりたたない事があります。

 

どんなにやる気があっても技術がないと愛犬のトリミングを任せてもらえないということもあるでしょう。またコミュニケーション能力が無ければお客さんがリピートしてくれませんので、接客技術も修行中に身に付けてください。

 

準備編まとめ
  • ペットトリマー・動物看護師などの資格取得
  • 開業資金を貯める
  • 立地を大まかに決めておく
  • 経営学も学んでおく
  • 技術・接客のスキルUP
まだトリマー・動物看護師などの資格を持っていないなら

一括で通信講座・スクールの資料請求ができる「ブラッシュUP学び」というサイトで無料の資料請求してみると良いかと思います。

 

しっかりとした準備を独立・開業に向けて進めていきましょう!

 

トリマー・動物看護師等の講座なら

ペットショップ店員 資料請求

 

トリマーで独立・開業する手順〜実践編〜

トリマーで独立・開業する手順 実践編

@テナント探し

まずはテナントを探してみましょう。できれば駐車場が2つ以上あって、道沿いのテナントを探すと良いでしょう。店舗に訪れやすく、家賃が安いような場所がおすすめ

 

最初のうちは、従業員を雇う余裕もない場合が多いので、機材やゲージなど最低限のものが無理なく置けて、受付カウンターなどが確保できる物件を探してください。

 

Aサービス提供料金を出す

新規でトリミングサロンを開業する時に重要なのがサービス提供料金です。

  • あまりにも安い値段だと赤字になることもあります。

資格を持っていても最初からサービス提供料金が高ければお客さんは来ません。

 

周辺のトリミングサロンがどれくらいの料金なのか調べてみて、そちらの値段より少し安めにするのがポイントです。リピートしてもらうために2回目も安くする割引券を渡すなど工夫すると良いでしょう。

 

Bテナント決まったら内装工事・HP作成

テナントが決まったら、次は内装工事とHP作成です。内装工事は、テナント探しと合わせて行っておくと慌てません。

ホームページも業者をテナント探しと並行して行いましょう

とりあえずホームページをどのように作るか打ち合わせしておき、内装工事が終わったらすぐに写真を撮ってアップすると良いです。

 

C第一種動物取扱業取得

トリミングサロンを開業するためには第一種動物取扱業取得が必要になります。

 

動物取扱業の登録には責任者が必要なので独立開業までに資格を取っておくと良い

トリミングサロンは保管業のみの登録が必要

半年以上の実務経験や1年以上の学校を卒業していること、試験により資格を持っていることが条件になります。第一種動物取扱業取得には、店舗の平面図や付近の見取り図、本人確認証も必要になります。

 

D必要な道具の手配

トリミングサロンには次のような道具が必要になりますので手配しましょう

  • トリミングテーブル
  • ドライヤー
  • ゲージ
  • ドッグバス
  • トリミングハサミ
  • カウンター

全てを新品で揃えるのも良いですが、中古だと費用が抑えられるので機械類以外は中古でも良い

トリミングハサミなどは良いものをある程度最初に揃えておいた方が無難

 

E広告を使う

オープン前にはできれば広告を使いましょう。新聞の折り込みではなく、経費を抑えるために手配りで近隣にポスティングするのも良いでしょう。

チラシだけではなくトリミングサイトで広告を行うのも良い

近年は、ネットでトリミングサロンを探す人も多いので、複数のサイトに広告を出しておくと予約が入りやすくなります。

 

F3回はきてもらえるように工夫する

3回はきてもらえるように工夫

トリミングサロンは、リピーターで成り立っていると言っても良いくらい、お客様が何度も来てくれるかどうかがポイントになります。

リピートしてもらうためには
  1. 3回来るとシャンプーが無料になるとか
  2. おやつや雑貨がもらえる

など繰り返し来てもらえるようなサービスが必要です。ポイントカードなど前向きに検討してみましょう。

 

Gトリミング以外の単価UPを狙う

トリミングやグルーミングだけを行ってもなかなか単価UPはできません。

例えば

  • ドッグマッサージ
  • ドッグアロマ
  • 泥パック

などエステ的な事ができると単価UPに繋がります。

毛艶が良くなるなどの効果を説明し、単価を上げられるようにしておきましょう。

 

H高いドッグフードを扱う

ちょっと高価なドックフードで愛犬や愛猫の健康管理ができることを伝えて販売するようにしましょう。

 

犬の服やおやつなど、ペットグッズを販売しているトリミングサロンも多いです。

 

実践編まとめ
  • テナント探し
  • サービス提供料金を出す
  • テナント決まったら内装工事・HP作成
  • 第一種動物取扱業取得
  • 必要な道具の手配
  • 広告を使う
  • 3回はきてもらえるように工夫する
  • トリミング以外の単価UPを狙う
  • 高いドッグフードを扱う

 

都市圏でバリバリやっていた人は田舎にチャンスあり

田舎にチャンス

東京や大阪などのトリミングサロンは、技術力は高いものの数が飽和状態なので、新規参入しても固定客化していて難しい事が多いです。

 

都市圏でバリバリの人は田舎にチャンスが!

 

あまりにも田舎に行くと、トリミング自体を利用する人が少なくなるため、ある程度大きな都市部で技術力を生かせるようなトリミングサロンをオープンすると良いでしょう。

地方都市では、トリミングサロンはあっても都市圏に比べて技術レベルが低い事も多いので、トリミング技術が高い事が知られれば、お客様はリピートしてくれます。

最初のうちはサービスして利用してもらい、口コミで技術力の高さを認めてもらった方が良いでしょう。

 

トリミング以外にも動物看護士やドッグトレーナーなど、ペットのことが相談できるようなペットサロンならば、地方都市では少ないので人気が高くなる可能性もあるでしょう。

 

トリマーで独立・開業は大変だがホント面白い

トリマーで独立・開業

ペットトリマーになるならば、誰でも一度は独立開業を夢見るのではないでしょうか?

 

特にトリミングサロンに雇われていて、自分の思ったような仕事ができない時は、苦労してでも独立開業したいと思うことがあるでしょう…

 

トリミングサロンの中には、軌道に乗った後オーナーがほとんど仕事をしないような所もあります。店長になると、お店の経営の仕方なども判るのに決定権は無いので、やりがいが無いという人もいるのです。

自分のお店を持つという事は決定権も責任もある

しかし、大変ですがやりがいは雇われていた時よりも遥かに大きい!

 

自分が思うようにお店を運営することができる為

  1. 自分のアイディアで売上を伸ばしたり
  2. お客さんを増やしたりすることも

 

ペットトリマーの資格を取って独立開業するという目標を持てば、例え、今は雇われていてもやりがいは何倍にもなるでしょう。

自分の店をああしたい、こうしたいと考えながらペットトリマーをするのは、半端なくやりがいあり面白いですよ。

 

人気読まれている記事一覧

主婦からトリマーなるには

高校生がトリマーになるには

主婦からトリマーなるには

高校生がトリマーになるには

給料・収入などお金事情

最短・最安で資格取得なら

給料・収入などお金事情

最短・最安で資格取得なら

トリマー通信講座選び

【進学】専門学校探しなら

トリマー通信講座選び

【進学】専門学校探しなら

>>【ワンちゃん解説】ペットトリマー資格 TOP