ペットトリマーの学校に夜間・土日コースってある?

ペットトリマーの学校に夜間・土日コースある?

ペットトリマーになりたいという人の中に現在、仕事を持っているという人もいるのではないでしょうか?

  • 仕事しながら資格目指したい人はトリマーの学校に通う場合、夜間コースや土日のコースがあると便利ですよね!

ペットトリマーの学校・スクールによっては、夜間コース・土日コースもありますので、ホームページなどを見てチェックしてみてください。

 

地域によっては、昼間の講座のみという所も多いので、学校・スクールを選ぶ時は注意

都市圏しか夜間や土日コースは期待できない

都市圏しか期待できない

ペットトリマーの学校・スクールが多くある都市圏にはあるが地方だとなかなかありません。

都市圏の

  • 東京
  • 名古屋
  • 大阪

などにはトリマーの学校で夜間・土日コースがあったりします。

大都市に住んでいる社会人の方だと、夜間・土日コースなどを選ぶと良いかと

 

夜間コースのメリット・デメリット

メリット
  1. 夜間講座なので、日中思う存分働くことができ専門学校の費用を稼ぐ事が可能。仕事を持っているけど、トリマーになりたいという人
  2. 日中は違う学校に通い、夜間にペットトリマー専門学校に通いたいという人にも夜間コースのメリット高い
デメリット
  1. 都市圏にしかないので通うのが大変
  2. トリマーの練習台になる犬が夜間は少なくなるので、昼間に比べると練習しづらい

夜間コースの実際カリキュラムをざっくり紹介

カリキュラムはこんな感じ

夜間コースのあるスクール探しなら、どれくらいの費用がかかるのでしょうか?

  • それぞれの学校により、授業料や管理費、入学金が異なりますので一例として紹介

ペットトリマー学校の夜間コースの場合

入学金と授業料が昼間のコースより半額となり

入学金 6万円
年間授業料 60万円
テキスト教材費 20万円 2年目は13万円
カリキュラム ほとんどが技術的なカット法が中心

ペットショップや動物病院に就職するための学習も週に1回程度ありますが、実践的な技術力を夜間効率的に学習することが可能です。

 

ざっくり計算すると2年間のペットトリマー夜間コースで160万円の費用

 

夜間コースは費用が安く少人数制で技術指導を中心に教えることが多く、社会人にもおすすめします。

 

まとめ

年齢層は、20代前半〜30代位までの若い年代が多いです。中には、サラリーマンや公務員などを目指して大学に行ったけど、ペットトリマーになりたいと考えるようになった社会人もいます。

 

すでに仕事をされている状況では、昼間の学校は難しいですが、夜間や土日コースがあれば通えます。

 

 

人気読まれている記事一覧

主婦からトリマーなるには

高校生がトリマーになるには

主婦からトリマーなるには

高校生がトリマーになるには

給料・収入などお金事情

最短・最安で資格取得なら

給料・収入などお金事情

最短・最安で資格取得なら

トリマー通信講座選び

【進学】専門学校探しなら

トリマー通信講座選び

【進学】専門学校探しなら

>>【ワンちゃん解説】ペットトリマー資格 TOP

関連ページ

【東京】専門学校・スクール比較
東京でペットトリマーの資格を取れる専門学校・スクールはどんな所が?費用やカリキュラム、目指せる資格についてご紹介!
【大阪】専門学校・スクール比較
大阪でペットトリマーの資格を取れる専門学校・スクールにはどんな所がある?費用やカリキュラム、目指せる資格についてご紹介!